読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年齢を重ねれば重ねるほど中折れやEDの傾向が強くなります

年齢を重ねれば重ねるほど中折れやEDの傾向が強くなります。特に40代に入ると衰えを感じる人が急激に増えるようで、EDの外来患者が最も多いのも40代です。

 

晩婚化が進む日本では40代での初婚も珍しくないため、男性不妊での不妊夫婦も徐々に増えつつあります。平均寿命が上がれば初婚年齢も上がるのは当然ですが、そこに男性の身体がついていけてないのです。

 

ですが年齢による衰えの原因を知っておけば対策や改善することもできるため、知っておいて損はないでしょう。

動脈硬化の進行

まず一番大きいのが年齢とともに進行する動脈硬化による勃起力の低下です。勃起は陰茎には細い血管の集合体である海綿体という組織が肥大化することで起こります。

 

ではどうやって海綿体が肥大化するかと言うと、シアリス 通販普段は細い血管が拡張され血液が大量に流れ込むことで大きくなるのです。つまり勃起にとって血管の拡張は非常に大切な要素となります。

 

ですが動脈硬化を起こして血管が硬くなってしまうと、血管が拡張できなくなって勃起が弱々しくなってしまうのです。それは持続力の低下から始まり、放っておけばやがて不能となります。

 

つまり動脈硬化を予防・改善することが加齢による勃起力低下の対策となるのです。

テストステロンの減少

もう一つは20代後半から徐々に減少する男性ホルモン、テストステロンの減少によるものです。テストステロンは性欲、勃起、精子の生成にかかわる非常に大切なホルモンです。
基本的には減少し続け、40代に差し掛かると人によっては男性更年期障害を発現します。症状としては精力の減退はもちろん、メタボ体質やうつ傾向、威哥王睡眠障害など精神にも影響が及びます

 

年齢を重ねると勃起力はおろか性への意欲自体が失われていくのは、テストステロンの減少が強く影響しているのです。

 

ですがテストステロンは運動することで増やすことができます。基本的には筋肉量に比例する形でテストステロンも上昇するので、運動を習慣づけることで低下を予防・改善することができるのです。

まとめ

年齢による精力の衰えは動脈硬化と男性ホルモンの減少が大きな原因となっているため、これらの対策がそのまま精力向上のポイントにもなるのです。

 

動脈硬化は高血圧や高コレステロールの食事なども原因となりますから、日ごろからヘルシーな食事を心がけることが大切です。その上で運動を習慣づければ精力をある程度維持できるようになります。

 

こうして見てみると健康的な生活をしていれば精力は保てるということに気付くでしょう。精力とは何も特別なものではなく、健康のバロメーターの一つに過ぎないのです。

 

健康になるための努力は何歳からでも遅くはありませんので、生活習慣の改善を検討してみてはいかがでしょうか。